IPO関連書籍 独断で選ぶオススメ本【2019年版】

2018年のIPO件数は、2017年度と同じく90社となりました。平均すると月に7~8社の上場があったことになります。

1年を通して注目といえば、6月のメルカリ、12月のソフトバンクがインパクトがありました。

2019年はどうなるのでしょう。

IPOのオススメ本

IPO関連の書籍は数多くありますが、実際に上場準備担当者が忙しい毎日の間を縫って読むべき本はそう多くはありません。

ただただ形式的なIPOの基準が書かれている本(東証が公開している『新規上場ガイドブック』を読めばいいと思います。)や、著者のIPO体験談のような本はオススメしません。

年々IPOの上場審査は変化しているので、数年前の書籍では近年の傾向である上場申請期の業績や労務管理の運用状況の確認が重視される傾向が強まっていることなどが書かれていないからです。

そこで、IPO の現場で評判が高く、上場準備担当者や経営者が読んで参考になる書籍を紹介します。

この1冊ですべてがわかる 経営者のためのIPOバイブル

参考 『この1冊ですべてがわかる 経営者のためのIPOバイブル』(IPO Forum)2017/9/14Amazon.co.jp

IPO(新規株式公開)を目指す経営

参考 『IPO(新規株式公開)を目指す経営』(日本経済新聞出版社)2017/911/27Amazon.co.jp

IPOビジネスの本質

参考 『IPOビジネスの本質』(谷間 真)2016/9/30Amazon.co.jp

その他の書籍

今回紹介した書籍以外にもオススメ(して回っている)本はあるので、また別の機会に紹介します。

では。