【Chatwork株式会社】成長可能性に関する説明資料(2019年9月24日)

Chatwork株式会社の成長可能性に関する説明資料です。

主幹事証券会社大和証券
証券コード4448
東証マザーズ2019年9月24日 –

成長可能性に関する説明資料

ディスクレーマー

会社概要・事業内容

会社概要

従業員数:100名(2019年8月末時点)

所在地:東京、大阪、神戸、ベトナム、台湾

設立:2004年11月11日

コーポレートミッション/事業概要

働くをもっと楽しく、創造的に

ビジネスチャットを主軸に展開する企業の上場は国内初

Chatworkとは

  • 効率的に情報共有できるグループチャット
  • 仕事の見える化ができるタスク管理
  • 見落としがなくなるファイル共有
  • いつでも会議ができるビデオ/音声通話

業績動向

Chatworkのハイライト

日本国内で利用者数No.1のビジネスチャットツール”Chatwork”をSaaS提供

Chatworkは国内において月間アクティブユーザー数(MAU)が最も多い

  • 国内ビジネスチャットマーケット
    • 働き方改革により大きな注目
    • 普及率30%未満の高成長マーケット
  • Chatworkユーザー
    • 導入社数23万2千社超(2019年8月31日時点)
    • 登録ユーザー数285万人超(2019年8月31日時点)

業績/主要KPIの推移

アカウント売上の年次コホート推移

  • 各年度で獲得した顧客は、通常解約により売上が減少するところが、着に増加している。
    Negative Churn(経年で売上が増加)を形成
  • 隔年の新規獲得顧客の売上も年々増加傾向

市場環境と当社の強み

国内ビジネスチャット市場の予想

国内マーケットは今後も高成長が見込まれる

社外との接続を容易にするアーキテクチャを採用

社内・社外とのコミュニケーションを前提とした、ビジネスインフラとしての利便性を追求

国内全事業者・全ビジネスパーソンがターゲット

Total Addressable Market

国内事業者数:385万社 → Chatwork導入実績 23万2千社超

国内労働人口:67百万人 → Chatwork導入実績 285万人超

今後の成長戦略

今後の経営目標

2019年12月期~2021年12月期におけるChatwork事業の年間売上高成長率について、2018年12月期の実績成長率と同程度を目指す

成長するための3つの戦略

有料ユーザー数拡大 × ARPU(Average Revenue Per User)の向上

  • 成長戦略1:販売チャネル強化と業種展開の拡大
  • 成長戦略2:プロダクト価値向上の追求
  • 成長戦略3:プラットフォームビジネスの展開

業種展開の拡大

  • 現在の注力業種
    • 士業・・・Chatworkを活用したクライアントとの適時相談
    • 介護・・・事業所管理・利用者とのコミュニケーション
    • 建設・・・下請けを含めた図面・現場の共有・管理
  • 今後の業種展開の拡大
    • 製造・・・オフィス・工場・仕入・販売先とのやり取り
    • 小売・・・店舗間、仕入先とのやり取り
    • 医療・・・病院内でのやり取り

プロダクト価値向上の追求

プロダクト価値向上につながる機能開発を積極的に推し進め、競合他社の動向や機能向上・顧客ニーズを踏まえ適切な価格設定をおこなっていく

プラットフォームビジネスの展開

経営資源サポート分野

  • すでに提供しているもの
    • Chatworkアシスタント
    • Chatwork助成金診断
    • Chatwork電話代行
  • 新サービスの提供
    • Chatworkユーザーの経営資源サポートに資する新たなサービスを複数提供

データ活用プラットフォーム

  • Chatwork内の蓄積データ
    • 現状月あたり4億を超えるメッセージ(2019年4月)
    • 企業内外でのコミュニケーションがデータとして蓄積
    • 個人間の関係性やチーム・個人のコンディション等も把握可能
  • データ分析ツールの提供
    • (例)HR Tech領域、ビジネスマッチング領域

Chatwork

働くをもっと楽しく、創造的に

まとめ

上場後の初値は公募価格1,600円に対して、1,480円が付きました。