【株式会社マネーフォワード】2017年11月期3Q決算説明資料(2017年10月13日)

株式会社マネーフォワードの2017年11月期3Q(6月~8月)決算説明資料です。

主幹事証券会社SMBC日興証券
証券コード3994
東証マザーズ2017年9月29日 –

2017年11月期3Q決算説明資料

IPO後初の決算発表

業績ハイライト

  • 第3四半期累計売上高19.3億円、引き続き急速に増加。前年同期比;93.7%。
  • 前年同期比で、PFMサービス+81.7%、MFクラウドサービス+108.4%と、両サービス共に累計売上高が大きく成長。
  • 売上通期予想26.8億円の達成に向け着実に進捗。
  • 広告宣伝費を除いた営業損失額は前年同期比で大きく改善。

トピックス

  • 自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』利用者数550万人突破。
  • 個人向け新サービス自動貯金アプリ『SiraTama(しらたま)』リリース。
  • 企業間後払い決済サービス『MF KESSAI」を提供開始。
  • 福井銀行、北洋銀行のお客様向けにカスタマイズした、『MFクラウド会計・確定申告』のリリースを決定。
  • クラウドファンディング市場の拡大と、ユーザーへの新たな資産形成手段の提供を目指し、2社と資本業務提携を実施。

会社概要

Mission/Vision/Value

個人のお金の悩みや不安の解消、事業者の経営改善に貢献し、日本でNo.1の「お金のプラットフォーム」になることを目指しています。

Mission
お金を前へ。人生をもっと前へ。

Vision
すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる。

Value
User Focus
Technology Driven
Fairness

主要サービス

個人向けのPFMサービスと、法人向けのMFクラウドサービスの2本立て。

PFMとは、Personal FInancial Managementの略称。

自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』

利用者は550万人。2017年の楽天リサーチ調べで、家計簿アプリ利用者の4人に1人が『マネーフォワード』を利用している。

メディア・イベント

詳しく捉えられがちなお金の話を、読者が自分事とすることを目的とした、くらしの経済メディア『MONEY PLUS』を運営。

FIntechサービスの提供

事業会社へAPIを提供。Yahoo!ファイナンスとの連携は、API提供の第1号案件として、2014年9月より提供開始。

MFクラウドシリーズ

法人向けのSaaS型サービスプラットフォーム。

MFクラウド会計・確定申告 / MFクラウド請求書 / MFクラウド給与 / MFクラウドマイナンバー / MFクラウド消込 / MFクラウド経費 / MFクラウドファイナンス

会計事務所様との強固なパートナーシップ

2017年6月実務経営サービス「会計事務所に対するクラウド会計ソフトに関するアンケート調査」によると、58.8%がMFクラウドを使用している。

2,400を超える会計事務所に利用してもらって、顧問先へのシェアを拡大している。

事業会社様とのアライアンス

多様な業種のリーディングカンパニーと提携し、さらなるシェア拡大へ

  • ソースネクスト様
    全国家電量販店でのクラウド会計・確定申告ソフトの提供
  • USEN様
    飲食店向け会計ソフトの提供
  • エス・エム・エス様
    介護事業所向けの会計ソフトの提供
  • アスクル様
    140万顧客へMFクラウドシリーズの提供
  • ヤマト運輸様
    ビジネス向け請求業務支援サービス「請求業務クラウドサポート」を提供
  • 中部電力様
    顧客へMFクラウドシリーズの提供
  • 東急住宅リース様
    不動産オーナー向けクラウドサービスを提供
  • インベスターズクラウド様
    不動産オーナー向けクラウドサービスを提供
  • クレディセゾン様
    セゾンコネクトAPIに完全対応

業績ハイライト

売上高

グループ売上高は前年同期の999百万円から、93.7増で倍に近い1,935百万円へ。

売上高

サービス別でも、PFMサービスが前年同期496百万円から901百万円へ81.7%増、MFクラウドサービスが前年同期494百万円から1,029百万円へ108.4%増と、共に大きく成長。

売上高推移

今期2017年11月期の着地は、前年同期比73.8%増の2,681百万円を見込む。

目次

3Q時点の達成率は72.2%。

営業損益

営業利益は前年同期△596百万円に対して、WEBプロモーションの先行投資で△720百万円。

広告宣伝費を除いた金額では、前年同期△261百万円から△5百万円へと改善。

営業損益進捗

今期2017年11月期の着地は、△995の営業利益の予想に対して、3Q時点で△720百万円。

PFMサービス

PFMサービスの収益構成

3Q時点の実績として、PFMサービスの売上構成は、『マネーフォワード』月額課金のプレミアム課金収入が42%、『MONEY PLUS』等のメディア/広告収入が24%、金融機関等利用者向けのBtoBtoC事業収入が34%。

PFMサービス売上高

PFMサービスで一番伸びているのは100.5%増のBtoBtoC事業収入だが、プレミアム課金収入も90.2%増と伸びている。

MFクラウドサービス

MFクラウドサービスの収益構成

3Q時点の実績として、MFクラウドサービスの売上構成は、MFクラウドサービスの課金収入が87%で、OEM提供等のアライアンス事業収入が13%。

MFクラウドサービス売上高

MFクラウドシリーズの課金収入が前年同期400百万円から897百万円で124.4%増と大きく成長している。

トピックス

トピックスハイライト

PFMサービス

  • 利用者数550万人突破
  • 『LINE Pay』とのAPI連携を開始
  • 『Sira Tama(しらたま)』リリース
  • 三井不動産お客さま向け専用家計簿を近日リリース

MFクラウドサービス

  • 『MF KESSAI』を提供開始
  • 福井銀行、北洋銀行のお客さま向け『MFクラウド会計・確定申告』のリリース決定

その他

  • クラウドファンディング企業2社との資本業務提携
  • TSUBASA Fintech共通基盤との連携による、北洋銀行、千葉銀行との参照系API公式連携決定(2018年春開始予定)

人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』

「日々の生活をもっと楽しく、ちょっとだけ贅沢に」というコンセプトの(しら)ずにお金が(たま)る自動貯金アプリ。

請求・回収等の管理業務代行サービス

「業務効率化」からさらに一歩踏み込み、「資金繰り改善」のための新たな決済領域でのソリューションを提供。

目次

福井銀行様、北洋銀行様と業務提携。金融機関のお客様の利用に伴い、さらなるユーザー基盤の拡大を見込む。

資本業務提携

CAMPFIRE、LIFULL Social Fundingと資本業務提携を実施。

中長期戦略・今後の展望

中長期戦略について

  • 成長戦略
    サブスクリプションモデルのため、中長期的なキャッシュフローの現在価値最大化を重視。
  • 人財戦略
    優秀な人財の採用および人財育成への継続的な投資。
  • ブランド戦略
    ブランド認知向上への投資、社会貢献とそれを支える企業文化の醸成。
  • 様々な分野への貢献
    Fintech領域や、テクノロジーの発展への貢献。

SaaSビジネスにおける広告宣伝費の回収モデル

WEBプロモーション等で獲得したユーザーがサービスを継続利用することにより、獲得した翌月以降は利益に貢献し、獲得コストも一定期間で回収される。

SaaSビジネスにおける新規営業人員採用のPLインパクト

受注した金額が利用期間に応じて月次按分され、売上として計上。積み上がった月次売上金額が、月次人件費を上回った以降は継続的に利益が発生。

成長戦略

  1. ユーザー基盤の更なる拡大
  2. ARPUの向上/マネタイズ力の強化
  3. 新たなサービスライン拡充
  4. データ活用による高付加価値化

成長戦略の進捗

個人、法人共に国内No.1シェアを確立すべく、ユーザー基盤を拡大。同時に収益力の強化を図る。

成長戦略の進捗

サービスラインナップを拡充。データを活用した付加価値の高いサービスの実現へ。

今後の成長戦略

MFクラウドシリーズの課金収入を継続的に伸ばし、新たなサービスライン、データ活用による新規事業でドライブしていく。

本資料の取扱について