【株式会社カオナビ】成長可能性に関する説明資料(2019年3月15日)

株式会社カオナビの成長可能性に関する説明資料です。

主幹事証券会社大和証券
証券コード4435
東証マザーズ2019年3月15日 –

成長可能性に関する説明資料

ビジョン

マネジメントが変わる新たなプラットフォームを。

会社概要

設立あ2008年で従業員数107名。リクルートHDが主要株主。

監査役が4名いる。

経営陣

経営陣は8名中2名が女性。

事業概要

カオナビとは・・・

顔写真が並ぶ、クラウド人材マネジメントシステム

 

カオナビの特徴

  1. 人材マネジメント業務に特化
  2. クラウド人材データベース
  3. 社員の顔写真で直感的に操作

カオナビの事業領域

人事評価・人材配置・人材採用などの人材管理領域においてサービスを提供

カオナビの機能と効果

人材マネジメントに役立つ機能を提供し、導入企業の「働き方改革」推進と競争力強化に貢献

 

人材データベース・社員リスト・組織ツリー図・評価ワークフロー・社員アンケート・配置バランス図・社員データグラフ・スマートフォンアプリ・適性検査(SPI3)・API連携

業務効率化(クラウドに人材情報を一元管理)・生産性向上(優秀人材の見える化で適材適所)・人材開発(評価ワークフローで適性評価)・離職防止(顔と名前の一致によるエンゲージメント向上)・経営基盤強化(人材データ可視化による適切な人事戦略立案)

カオナビの導入効果事例

ビジネスモデル

BtoBクラウドサービスのサブスクリプションモデル(SaaS型モデル)

  • ユーザーに対して提供するサービスの対価を、使用期間に応じて受領するサブスクリプション(月額課金)モデル
  • ユーザーの満足度を高めることが契約の更新に繋がり、継続的に収益が積み上がっていくストック型の構造
  • 年間のサービス利用料を前受金として一括で受領することで、キャッシュフローを戦略的に活用することが可能

財務実績:売上高の推移

売上高は四半期ごとに順調に増加。直近実績4期のCAGRは103%。

財務実績:営業損失・売上総利益の推移

売上高の成長に伴い利益総出力は改善傾向

財務実績:フリーキャッシュフロー・前受収益の推移

ストック収益の順調な積み上がりにより、現金総出力も着実に向上

特徴・強み

①人材マネジメントシステムのリーディング企業

『カオナビ』の利用企業数は急増しており、3年連続で国内No.1シェア

 

出荷社数シェア(2019年度見込み):カオナビ33.3%
出所:ミック経済研究所「HRTechクラウド市場の実態と展望2018年度版~人事・配置クラウド」

 

売上金額シェア(2017年度予測):カオナビ29.3%
出所:ITR「ITRMarketView:人事・人材管理市場2018」SaaS型人材管理市場:ベンダー別売上金額シェア(2015~2017年度予測)

①人材マネジメントシステムのリーディング企業

業種や業態を問わず、幅広い顧客への導入実績

②サブスクリプションモデルによる安定した収益性

安定収益源であるストック収益は順調に拡大しており、売上高ストック比率は高水準を維持

③高い顧客エンゲージメント

『カオナビ』の競争優位性

  • 国内トップシェア
  • カスタマーサクセス
  • 直感的な操作
  • 自由自在なカスタマイズ性

③高い顧客エンゲージメント

カスタマーサクセスの重視により、94.5%の顧客が継続利用を希望

④リクルートグループとの強固なパートナーシップ

リクルートHDとの資本業務提携により、顧客価値の向上に寄与するサービス連携を推進

業界動向

日本社会が抱える労働問題

労働生産性の向上と労働力の確保が喫緊の課題

人材マネジメントに対する関心の高まり

企業が直面している人事課題の解決に向け、人材マネジメントが重要視される時代へ

  • 人材情報の一元管理・可視化
  • 適材適所の人員配置
  • 適正な評価体系の確立・運用
  • 人材育成体制の整備・運用

人材マネジメントシステムの市場成長余地は大きく…

人材マネジメントシステムは市場黎明期であり、将来的な成長余地は非常に大きい

…他のSaaS型ソフトウェアと比較しても高成長が期待される

SaaS型ソフトウェア市場の成長率(CAGR)は35.0%

HRテクノロジーが牽引する人事・人材関連業界の構造変化

人材データベースをハブに、さまざまなサービスが有機的に連携

成長戦略

成長戦略の概要

  1. 既存事業の拡大
    1. 顧客基盤のさらなる拡大
    2. 付加価値のさらなる上昇
  2. プラットフォーム化の推進

①-A 顧客基盤のさらなる拡大

カオナビの対象市場は以前ホワイトスペースであり、さらなる事業拡大に経営資源を投下

①-A 顧客基盤のさらなる拡大

拠点・紹介パートナーの拡大や積極的なマーケティング推進など営業機能の強化を実行

①-B 付加価値のさらなる上昇

アップセルの推進に加え、新機能リリースや先端テクノロジー活用により付加価値上昇を実現

①-B 付加価値のさらなる上昇

カオナビ × 楽天技術研究所で「コンディション予測AI」の開発プロジェクト開始

 

楽天技術研究所について
インターネットの未来を予測し、新たなテクノロジーを創出するために、楽天グループの研究機関として設立。楽天グループのインフラの整備、データ分析、新たしいユーザー体験の創造を柱とし、ここで研究開発された技術の多くが実際に楽天グループの様々なサービスに導入されています。

② プラットフォーム化の推進

人事マスターデータのデファクトスタンダード化により、外部サービスとの連携を拡大

補足資料

機能一覧

  • 人材データベース(顔写真が並ぶ社員データベース)
    • ドラッグ&ドロップでデータベースレイアウトを簡単にカスタマイズ
    • 部署や個人ごとに閲覧・編集権限を付与
    • CSVデータで情報を一括入出力
    • エクセルフォーマットで帳票出力可能
  • 評価ワークフロー(サクサク運用できる評価ワークフロー機能)
    • 評価フォーム、承認や承認却下ワークフローをドラッグ&ドロップで自由自在に作成
    • 計算式をフォームに挿入し、評価点数の自動計算が可能
    • 進捗状況を把握し、催促のメールを一斉送信可能
  • 社員リスト(マウス操作で簡単に作れる社員リスト)
    • リストのメンバー情報をアップロード/ダウンロード可能
    • リストのメンバーにメールを一斉送信
    • 画面上でリスト内のメンバーを入れ替え
    • 作成したリストはほかの機能で呼び出し可能
  • 配置バランス図(トランプ感覚の顔写真入り組織図)
    • 顔写真を自由に動かして、人材の配置シミュレーションが可能
    • 縦横の軸や、ハイライト条件は自由自在に設定可能
    • スナップショットとして、シミュレーションデータを保管し、紙で出力可能

機能一覧

  • 組織ツリー図(組織ツリーで組織全体を俯瞰して見る)
    • 組織図に顔写真が入り、会社全体・部門部署ごとの人員を把握可能
    • 社員の入れ替え、組織の付け替えや新設などシミュレーションもOK
    • 現状およびシミュレーション後の組織図を紙に出力可能
  • 社員データグラフ(会社の「いま」をグラフ化)
    • 会社全体の傾向や推移もグラフ化可能
    • 男女比/年齢層といった基本情報や、評価の分布/保有資格の割合などあらゆる管理項目をグラフで確認可能
  • 社員アンケート(社員の本音が分かるアンケートツール)
    • アンケートフォームをドラッグ&ドロップで自由自在に作成
    • 回答者の進捗状況を確認、および未回答者へ催促メールを一斉送信可能
  • スマートフォンアプリ(モバイル対応で場所を選ばない)
    • 出先や移動中に「いま知りたいスタッフ」のことをスマホですぐに確認可能
    • パソコンを所持しないメンバーも、タブレットやスマホから情報参照や評価入力が可能

料金体系

登録人数とプランに応じた料金体系

ディスクレーマー

まとめ

上場後の初値は公募価格1,980円に対して、3,970円が付きました!