【モバイルクリエイト株式会社】成長可能性に関する説明資料(2012年12月19日)

モバイルクリエイト株式会社の成長可能性に関する説明資料です。

主幹事証券会社野村證券
証券コード3669
東証マザーズ2012年12月19日 – 2013年12月25日
東証1部2013年12月26日 – 2018年6月27日(※)

(※)2018年7月2日に共同株式移転の方法により 完全親会社となる「FIG株式会社」を設立し、FIG株式会社が東証一部上場しています。

成長可能性に関する説明資料

会社の概要

会社概要

本社は大分県です。大分県の上場企業は10社程しかありません。

設立は2002年12月27日です。ちょうど10年でIPOしました。

従業員数は76名です。IPO時の従業員数としてはやや少なめです。

経営理念

経営理念は、システム構築を通じ社会のユビキタス化に貢献する、です。

会社沿革

売上規模は、N期(申請期)基準で20億円弱です。

事業の全体イメージ

全体のシステム構成図では、MVNO事業者の立ち位置と、トランシーバーの製造者という立ち位置があるようです。

主な商品の概要

主力の商品は、業務用無線システムです。「ボイスパケットトランシーバー」

NTTドコモ「FOMA」回線を利用したデータ・音声通信システムです。

主な商品の概要

続いて、バス運行管理システム「バスロケーションシステム」とタクシー配車システム「新視令」です。

主な商品の概要

そして電子決済システムも提供しています。

事業の概要

収入形態は、商品の受注・開発・納入におけるフロービジネス(発注・納品毎に売上計上)とNTTドコモネットワークを利用したサービス利用及び保守管理におけるストックビジネス(利用実績、メンテナンス作業に応じて売上計上)があります。

事業の概要

フロービジネスの主な売上項目は、システム開発・販売・導入や端末機器販売・設置で、主な費用項目は機器開発(人件費、外注費)や機器等仕入れです。

売上に占める割合は、2012年5月期で79%です。

事業の概要

ストックビジネスの主な売上項目は、各種サービスの月額利用料で、主な費用項目は、システム開発・運営やパケット通信網利用、回線帯域、クラウドサービス利用、地図情報利用です。

当社の強み

当社の強み

当社の強みは、

  • 次世代無線システムの提供
  • 高い信用力と豊富な導入実績
  • 安定かつ持続的な収益の獲得

です。

当社の強み

次世代無線システムの提供とは、

  • 携帯電話パケット通信網を使うボイスパケットトランシーバー(実用新案登録済)
  • ネットワーク、通信機器、ソフトウェアの3領域をカバーする高い技術力
  • 必要なシステムをワンストップで一括導入。業務効率化、費用削減を実現
  • システム開発から導入、通信・アプリケーションの提供、保守管理までフルサポート

です。

当社の強み

高い信用力と豊富な導入実績とは、

  • 最大手地図会社と大手通信・クラウド会社との資本提携に裏付けられた高い信用力
  • 日本全国500社以上、約23,000台(2012年8月末現在)を超える豊富な導入実績
  • 高い品質と安定性が求められるパスの運用管理システムを納入

です。

当社の強み

安定かつ持続的な収益の獲得とは、

  • ソフトウェアと通信インフラの利用料・保守料を月額利用料で回収するASP型事業を展開
  • ストックビジネスの割合を増やし、業績の安定成長を目指す

です。

成長に向けた事業戦略

今後の事業環境

世界のあらゆる機器間通信(M2M)は、モバイルネットワーク経由へ。

世界中に無線システムのニーズが高まることで、IPv6、小型、オンラインイノベーションが新たな市場を創造します。そして、M2Mビジネスの重要性が高まります。

今後の事業環境と経営戦略

当社の戦略は、

  • アナログ無線廃止に伴う買替需要獲得
  • 他のデジタル無線サービスからの乗換需要の獲得
  • 販路拡大のため代理店数拡大を強化
  • 低初期費用、低ランニング費用、全国エリアの広域化で掘り起こす非無線車両を新規開拓

です。

今後の事業環境と経営戦略

トラック向け無線システム市場での顧客数拡大が業績を牽引。

今後の事業環境と経営戦略

アナログ無線廃止の需要獲得、圧倒的な利便性による乗り換え需要の獲得

今後の事業環境と経営戦略

バス・タクシー市場に加え、店舗への導入拡大が成長のカギ

2013年5月期 通期業績予想

2013年5月期は売上10億積んで、28億予想。

業績見通しに関する注意事項

まとめ

上場後の初値は公開価格3,000円に対して、7,000円が付きました!